Factoring

売掛金を売却して運転資金にあてることができるファクタリング

● SITE MAP ●

資金繰りに行き詰る前にファクタリングでキャッシュフローの改善を

企業間における一般的な商取引では、サービスや商品を販売した代金は後日の後払いというかたちで支払われるようになっています。このような後払いの形になっている代金のことを売掛金といいますが、実際にその売掛金が現金として手元に入ってくるまでには半年程度の時間が必要となってくるので、売掛金が多い企業の場合には事業の運転資金のやりくりが上手くいかなくなってしまうことも少なくはありません。
もちろん、事業の運転資金がピンチだというときには金融機関からの融資に頼るという方法もなくはありませんが、金融機関からのつなぎ融資に頼ってしまった場合には利息が発生してしまうためにキャッシュフローの悪化をもたらしてしまう恐れがあります。借入金の返済や利息の支払いが徐々に経営を圧迫してしまうからです。
そのため、金融機関からのつなぎ融資に頼らずに現在ある売掛金をすぐに現金化できる方法としてファクタリングという手法が注目されています。ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで売掛金をすぐに現金化することができるので、金融機関からの融資に頼らずとも行き詰ってしまったキャッシュフローを早期の改善することが期待できます。

● PICK UP ●

TOP