Factoring

売掛金を売却して運転資金にあてることができるファクタリング

● SITE MAP ●

ファクタリングで売掛先に連絡されるという場合に注意したいこと!

ファクタリングは、支払サイトが長い売掛金を速やかに売却し、資金を調達する方法として注目を集めています。ファクタリング自体は、新しい資金調達方法ではなく、歴史があり多くのファクタリング会社が淘汰されており、悪質な会社は出ては消えるを繰り返すものの、後を絶たないのが実状です。
そもそも、ファクタリング会社が売掛先に連絡するというのは、3社間ファクタリングの場合になり、譲渡契約に対する承諾や支払の手続きになります。そして2社間ファクタリングなら元から売掛先は関係しないため、売掛先に連絡されることの理由が存在しないということになります。
2社間ファクタリングの場合、売掛債権は買い取るものの、支払われた代金の回収は売掛金を売却した会社が行うことになるという仕組みです。しかし、2社間ファクタリングで売掛先にファクタリング会社が連絡するということ自体が悪質な行為となるため、利用者の口コミ情報からこの行為を確認された場合は悪徳ファクタリング会社と考えて注意する必要があります。
そもそも、ファクタリング会社と自社間の契約に第三者が介入すること自体が不可解な行為となるため、被害を受ける前に契約書のチェック、被害が生じた場合は契約書を盾にすることが大切な防衛策です。

● PICK UP ●

TOP