Factoring

売掛金を売却して運転資金にあてることができるファクタリング

● SITE MAP ●

明日の運転資金が無い!そんな時は2社間ファクタリングで資金調達!

明日の運転資金が、予想外の支出により不足するケースが少なからずあります。売掛金が発生しており、1ヶ月後なら支払が出来るものの、支払が出来ずに倒産に至るということに繋がります。いわゆる、黒字倒産であり、借入金の返済が出来ないよりも、手元にキャッシュが無い方が問題です。
このような場合、即日で運転資金を調達出来るのがファクタリングですが、2社間ファクタリングなら確実性が高まります。3社間ファクタリングであれば、ファクタリング会社に支払う手数料が低く抑えられるものの、運転資金を調達実行まで時間が掛かります。
ですが、2社間ファクタリングであれば、売掛金は最短即日、もしくは翌日には売掛金が現金化でき、運転資金が手元に入ります。手数料が高いのは確かですが、時間的な余裕を現金で確保する、そして黒字倒産というリスクを回避できる点では2社間ファクタリングはデメリットだけではありません。2社間ファクタリングは、利用頻度が多くなるほど買取手数料という費用が高くなり、資産が減少してしまうものの、1回や利用頻度を限定することで大きなメリットを得ることが可能になっています。運転資金が無くなりかけ、手をこまねくことよりも積極的に目の前の問題をファクタリングで解決することがおすすめです。

売掛金の現金化で気をつけること

会社を経営していると、常にお金との追いかけっこが繰り広げられます。やっと掴んだと思っても、お金はすぐに逃げていく。つねに潤沢な資金があれば焦燥感に駆られる必要もないのですが、中小企業など、体力がそれほどないところだと、ないものねだりをしても始まりません。
そこで今回ご紹介したいのが、売掛金を現金化できるサービス、ファクタリングです。現金確保の手段としてまっさきに思い浮かぶのが金融機関からの融資ですが、これは会社の今までの経歴を徹底的に調べられますし、それにあわせて審査期間も数ヶ月かかることもあります。それだけ時間をかけて断られると、こちらとしてもダメージが大きいですし、そもそも月単位で悠長に待っていられないこともあるでしょう。
しかし、売掛金を現金化できるファクタリングであれば、現在保有している売掛金をサービス提供会社に売却することで資金を手に入れることができます。融資と違い、担保も保証人も必要ないので、とても便利なサービスと言えます。けれども、売掛金の現金化のさいは、売掛金の請求先の会社に、あなたが売掛金を売ったことがバレてしまいます。そうなるとちょっと面倒だという場合は、2社間取引をおこなっているファクタリング会社であれば、相手企業に知られることなく売却することができます。

ファクタリングで事業資金を調達

経営者や個人事業主の方で事業資金に困ったり、急に資金が必要になることは結構あると思います。そんなときにまず思うのは、ビジネスキャッシングローンだと思います。ビジネスキャッシングローンは知名度も高く、色んな会社があります。ただし審査が厳しかったり、借り入れまで時間がかかるケースもありますので、本当に急を要した場合等では、対応しきれないケースもあると思います。
事業資金を調達する他の方法として、ファクタリングというものがあります。これは取引先からの売掛金がある場合、売掛金の入金をまたずにファクタリング会社から資金化してもらうサービスになります。事実上売上は確定しているけど、売掛金が入るまでは現金が無い状態なので、審査等もキャッシングローン等とは違い、スムーズでしかもスピーディーに対応してもらうことができるので、経営者にとってはとても便利なシステムだと思います。
様々な事業資金の調達にもファクタリングは使えますので、売掛金があり資金化をすぐにしたいときにはもってこいのサービスです。またビジネスキャッシングローンのように金利がある訳ではないので、資金化した後に売掛金が入った段階でファクタリング会社へ入金すればいいので、気持ち的にも楽に利用することができます。

● NEWS ●

2018年01月25日
ファクタリングで売掛先に連絡されるという場合に注意したいこと!を更新しました。
2018年01月25日
ファクタリング業者の選ぶ時の2つのポイントを更新しました。
2018年01月25日
資金繰りに行き詰る前にファクタリングでキャッシュフローの改善をを更新しました。
2018年01月25日
売掛金入金まで間に合わないときはファクタリングで即解決しますを更新しました。

● PICK UP ●

TOP